魂こがして!50代半ばのRock & Run Blog

   好きなRock(に限らずw)のLiveに行ったり、走ったり。そんな日々の雑談をただ書き綴っている料理人のブログ。

第26回KIX泉州国際マラソン【RECE REPO】その3

おはようございます☀️

 

ゴールまで行きます🎵

ここまでのお話はこちら⤵️

freebird.hateblo.jp

freebird.hateblo.jp

freebird.hateblo.jp

 

改めて高低差図

f:id:rainywood-609:20190221124129p:plain

この図を見るまでモンスターブリッジが「田尻スカイブリッジ」と「泉南マリンブリッジ」の総称だと知らなかった・・・

 

実際に横から見ると大した事の無い坂なんだけど

f:id:rainywood-609:20190222061248p:plain

こんな感じね!

袂から前を見上げるとこんな感じになる

f:id:rainywood-609:20190222061413p:plain

ここまで33キロ程走ってきた後に登る坂となると心を折るには十二分の傾斜に見える^_^;

「さぁ、行くぞ!!」と先ず深~~く息を吸ってから上りはじめる。

なるべく上を見ずに目の前の道を見ながら、脛が攣りそうだけど一歩一歩🏃

 

「歩けば!!」との悪魔の囁きにも何とか抵抗して登りきった後、頂上からの下り坂では下手にブレーキをかけようとするともろに脚にくる感じだったので、少し勢いに任せてピッチを上げて走る!

f:id:rainywood-609:20190222062650p:plain

で1つ目の坂をおりきった所で34キロ!

GARMINを見ると何とか㌔5で納まっている。。

 

「あと3つ(橋ね)、あと8キロ、あと43分!」

 

物覚えの悪い自分が今でも覚えてる34キロ地点でのサブ3.5達成の残り時間・・・

 

「あと8キロ!!㌔5で行ければ大丈夫!でも㌔6だとオーバーか~・・ここまで貯金してきたつもりだけどやっぱりギリギリなんだな~(>_<)」と少しめげる・・

 

二つ目の坂はさっきの坂を下りてくる時に見えていて、勾配は余り無いけど凄く長く見えていたのでもう一度、息を入れ直して周りのゾンビ化してる方を見ないように進んで行く💨

 

そしてここの下りでは脛が今にも攣る間際って感じで筋肉が痙攣し始める。。

これどこかで見たか聞いたか全然覚えてないんだけど、攣りそうな時は足を地面に思いっ切り踏みつけるみたいな事を。。

 

隣で走ってる人がびっくりする位バンバンと脚を叩きつけて前に進んでるとほんの少しだけ痙攣が引いて行く感じに。。

 

そしておりきった所でジェルを1つ取りだす。

 

これ実はね・・

自分の中では順番としてアミノショット→マグオン→メイタン→ベスパって感じで考えていてそのつもりでポケットに入れたつもりなんだけど、朝のあの時間の無い中で入れたのでどこに入れたか覚えてなくて^_^;

 

20キロでアミノショット、橋の手前でマグオン、前半の橋を降り切った所でメイタンって予定が初めの20キロの所で既にメイタンを飲んでいて・・・

 

自分の場合、ホント走ってる時って余り余裕が無くて、ジェルを取り出す作業でさえリズムが狂うので苦手で。

そんな感じなので間違えた~と思ってもそれを又ポケットに戻して違うのを探し出すみたいな行動は先ず無理(>_<)

 

だから20キロ時点でポケットから出てきたメイタンを見て

「なんじゃこりゃby松田優作ww」だった訳で(笑)

 

で橋の手前でアミノショット(ホント自分の中ではくそ不味いんだけど効いてる感じがするのでいつも持ってくるw)を飲み込んでるのでここでマグオン投入~~と思って見たら手にはベスパ・・

 

「もういいや・・」と3度目の坂に向かうまでの少し長めの折り返しの平らな道を、攣りそうな脚を少しでも正常に戻そうと接地の仕方や足の動かし方を替えたりしながら進んで行く。

 

36キロ、37キロ、38キロとそれでも㌔5分0台で乗り切れたので残り4キロを確か23分位だったか・・・

ここでも㌔6だとオーバーするんだよな~と思って後半の2つの坂を前に最後のジェル、残ったマグオン(笑)を口に入れて登りだす。。

 

やはり1番、ここがキツかった~~😫

今、冷静に考えれば余程の事が無い限り、この時点位で大丈夫だったような気はするんだどその時は「ギリギリだな~」とか「この前、館山で死んだからな~」と自分を信用してないんですよね。。

 

それで39キロ地点で5:20が出た時は「何とかギリで持ち堪えたか!?」と思いながら最後の坂に向かって行ったんだけど、不思議とその時は脛の攣る気配は消えていて、その分今度は腿が少し痙攣ぎみに。

 

ただ腿の場合は気合で何とかなる!!と言い聞かせてここではもう呼吸はゼーハーからゼーゼーになって必死に登る!!

 

そして坂の頂上に残り2キロの標識が。

その時GARMINが映し出したタイムは「3時間18分」

 

この時点でまだ2キロあるんだけど、橋を登り切ったという安堵感と㌔6でもサブ3.5が達成できるという高ぶった気持ちが一気にきて、一瞬立ち止まりそうに^_^;

 

多分、少し笑ってたな~^_^傍からみたら気持ち悪かったかもだけど何か自然とね。

 

そして降り切って最後の給水所。

ここで初めて立ち止まってポカリを一気に流し込む。

 

足が動かなくて立ち止まった訳ではないんだけど、ここで1回気合と呼吸を入れ直してゴールまで痙攣しつつある腿を、脚を前へ前へ進ませて残り1キロは意地と喜びの4:40秒台でFINISH\(^o^)/

 

GARMINを止めて先ずコースに一礼!

そしてFINISHERTowelとメダルを掛けてもらって、改めてGARMINを見たら

「3時間28分30秒」

「へへへ・・・ヤッタネ!(=^・^=)」ってね。

 

そしてサービスで配っていたトン汁をタイガースの地である場所にマリーンズのマットを敷いて(笑)

 f:id:rainywood-609:20190222085206j:plain

 f:id:rainywood-609:20190222085300j:plain

 

で結局最後まで迷っていたシューズは今回「ZFFK」で走った訳なんだけどやっぱり自分には良く解らない^_^;

でもサブ3.5出来たからやっぱり良いシューズだったかな♪

 

以上、【RECE PERO】終了ですが長々と最後までお付き合いありがとうございました(^^♪

 

そして今度の日曜日も姫路城や静岡等、ビックレースが目白押しですが、参加される皆様ファイトです✊‼️

 

それでは週末、体調を崩さないようにお過ごしください✋

 

youtu.be